うたぶくま

心に浮かんだ詩や言葉と小説、心がほっこりする絵やイラスト等の画像を創作しています。この「うたぶくまブログ」には、主に新作情報や共有したコンテンツを投稿しています。

映画「娼年」を見た感想です!


f:id:utabukuma:20180916164246j:image

石田衣良原作の小説を、松坂桃李主演で三浦大輔監督が映画化した衝撃ラブストーリー。

娼夫となった20歳の大学生が、出会った女性達との物語の中で成長して行く姿を描いたストーリーです。

この映画は、三浦監督が性描写に一切の妥協をしなかったと言うだけあって、R18指定で随所にリアルで生々しいH映像が出てきます。

だけど、妙に変な気持ちにはならなかった。

それは、たぶん文学的な要素がテーマになっているからだと思う。

人それぞれの思考と嗜好。

人間とは、いったい何なのか?
そこが、テーマなんだろうね。

それにしても、森中領(リョウ)役の松坂桃李の体当たりの演技がスゴかった。

よくこの映画に出演したと思うよ。

人間について、しんみり考えさせられる映画でした(*^ー゜)

▼映画「娼年